A new plan for Canadian immigration

Recent changes to the immigration system have made it harder for foreign students

who graduate from Canadian universities to immigrate here.

What Canada needs to ask itself is whether having foreign students become Canadian permanent residents should be an immigration priority.

To put it another way, do we want young, Canadian educated people with Canadian work experience as our future fellow citizens

or not?

これからの移民事情はどう変わるのか?!

9年ぶりに政権が交代し、移民事情も変わってくるということですが

実際のところはどうでしょう?シリアからの難民も引き受けることによって移民のプロセスが遅れる?

という見解もありますし。。。

まだ実行はされていませんが、気になるポイントをいくつかピックアップしてみました。

 

両親・祖父母をスポンサーしてカナダへ移民できる人数の上限を年間10,000人(現在の上限の2倍)にする

Nearly double the budget for family class immigration processing in order to reduce processing times.

手続きにかかる時間を早めるためにファミリークラスの移民に関する予算を2倍近くにする。

Double the application intake cap for the Parent and Grandparent Program, from 5,000 to 10,000.
両親、祖父母の枠を5000件から1万件へと2倍にする。

Restore the maximum age for dependents back to under 22, instead of under 19.
扶養者の最高年齢を19歳から22歳に戻す。

 

移民申請に優しくなるという見解もありますが実際のところはどうでしょうか?

これからジャスティン トルドーの動きが気になるところです!