『好きなネイルのお仕事とプライベートライフが充実できるバンクーバー生活』

バンクーバーで働く!現地のネイルサロンで活躍する日本人ネイルアーティストの松宮みどりさんを取材。

midori

 

現地の会社で働いて、英語環境の中バリバリ働くってワーキングホリデーの方なんかには憧れの的なのではないでしょうか?

 

今回は現地のネイルサロンで活躍する日本人ネイルアーティストを取材してきました!

ノースバンクーバーにあるネイルサロンで働いている日本人のスタッフの方のネイル技術、そしてホスピタリティ精神が素晴らしい!と口コミを聞き、、、

実際に彼女が働くネイルサロンを訪ねに来ました!

 

バンクーバーでネイリストになるきっかけは?

日本では美容の学校卒業して、美容業界で働いていました。

兄と姉がいるのですが海外生活が経験豊富でいつか私も海外で生活したいという気持ちがありました。バンクーバーに来てからは語学学校に通い、いざ仕事探し!となった時自分にできるのは美容関係のお仕事だと思い、ネイルサロンで働くことを決めました。

Screen Shot 2016-07-13 at 12.42.14 AM

  • みどりさんのネイル作品のうちの一つです;)

 

バンクーバーと日本での働き方の違いって?

日本は「残業して当たり前」の世界がなんとバンクーバーは定時で上がれるという日本と真逆なワークスタイルです。残業=仕事の効率が悪いということでみんな時間内に終わらすように集中して仕事をしています。

またお客さん(ほとんどがカナディアン)との英語での会話がとても楽しいです。

こうやって日本の美容技術をカナダの人に知ってもらうのはとても素晴らしいことだなと思います。

 

5年後の自分の将来像

カナダの移民権を取って、自分のサロンをバンクーバーに開くことです!

 

美容の技術をいちからしっかり磨きたく、バンクーバーの美容学校に通っているみどりさん。今後の活躍がとても楽しみです!

ちゃっかりみどりさんにネイルもやってもらったのですがこの仕上がり、、、!

夏ネイルでお任せ!というオーダーだったのですが可愛くしてもらいました;)

Screen Shot 2016-07-13 at 12.37.26 AM