Boxing day

簿記シングでい

「ボクシングデー」という英語を耳にしたことはありますか?

「ボクシング(boxing)」なので、沢山の方がスポーツのボクシングを思い浮かべるのではないでしょうか?

カナダの祝日「ボクシング・デー(Boxing Day)」はクリスマスの翌日、12月26日に教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことから、そう呼ばれています。カナダだけでなく、オーストラリア、イギリス、香港、イリス、ニュージーランドなどでも祝日になっています。

中世の時代、屋敷の使用人たちはクリスマスデーも働かねばならず、暇をもらえるのがクリスマスデー後の平日でした。そして使用人たちは屋敷の主人から “Christmas Box” と呼ばれるお金や贈り物が入った箱をもらって、家族が待つ家に帰ったということから “Boxing Day” と呼ばれるようになりました(Wikipedia)”Boxing” はスポーツのボクシングではなく、「箱」の “box” から来ています。

そんな “Boxing Day” は現在ではどんな日なのかと言うと、Black Fridayと同じように「バーゲンの日」なんです。イギリス、カナダ、オーストラリア、そしてニュージーランドでも「ボクシングデー」といえば、多くの小売店が一斉にバーゲンセールを開催し、一年のうちで一番安くなる日として知られています。

 

Have you heard of, “Boxing day” before? If not, you may think it’s a sport but it is actually not related to sports at all.

Boxing Day is an event celebrated the day after Christmas Day in UK, Canada, Australia, New Zealand…etc. It was started in the UK about 800 years ago, during the Middle Ages. It was the day when the alms box, collection boxes for the poor often kept in churches, were traditionally opened so that the contents could be distributed to poor people. Some churches still open these boxes on Boxing Day. Therefore, “boxing day” comes from “box”.

In Canada, as well as the U.K. and Australia, December 26 is now better known as a day for scooping up shopping deals, similar to Black Friday in the U.S. Most stores open their doors early and discount prices on items ranging from clothing to technology to appliances.