日本で念の為にカナダドルに両替、もしくはカナダに着いて日本円を両替…

「なんじゃこりゃー!」

お札が、透けている! そうなんです。カナダのお札は、紙じゃなくてポリマー (プラスチック)でできているんです。プラスチックとはいえ、硬いわけじゃないですよ。ちゃんとしなやかで、畳むこともできます。一世代前の「紙」幣だった時代からも鮮やかな印刷でしたが、ポリマーは紙よりも発色が豊かで、色鮮やかに作れるし、一部分が透明な窓になっていて、向こうが透けて見えるんです。

ちなみにこのポリマー素材は紙よりは断然強いし、濡れても大丈夫なのですが、唯一の欠点は切れ目。少しでも切れ目が入ると、スパッと裂けちゃいます。たまにセロハンテープで補修してあるのも見かけますが、破損したお札は銀行に持っていけば交換してくれます。

カナダのお金について解説!Canadian Banknotes and Coins

ちなみに100ドル札はメープルシロップの香りがすると噂になったのですが、The Bank of Canadaはこの噂を公式に否定しています。ちなみに、結構私の周りでも100ドル札をクンクン嗅いでた人がいました。

ちなみにコインもなかなか個性派です。2ドルコインは2種類の違う金属が合わさってます。ちなみに筆者は以前、首都オタワの貨幣工場に見学に行きましたが、この2種類の金属は取れることがないと自信を持って言われました。

そして1ドル、25セント、10セント、5セント、5セント、5セント…

あれ? 1セントは?

実はカナダには1セント硬貨は「無い」んです。厳密に言えば昔はありましたが、2013年2月4日に廃止になりました。最も大きな理由はそのコスト。1セント硬貨1枚発行するのに、約1.6セントの費用がかかっていたとか。

では買い物の時はどうするのかと言うと、0か5であればそのまま払いますが、それ以外なら最も近い0もしくは5に切り上げ、または切り捨てします。例えば会計が9.97ドルであれば実際に払うのは9.95ドルですし、9.98ドルであれば切り上げて10ドル払います。1セント廃止直後は、店も消費者も切り上げ、切り捨て、お釣りで随分混乱したものです。ただしこれは現金決済の場合のみ。カードや電子決済の場合はそもそも現金を介していないので、表示額そのままで支払うこととなります。

こんなことして、消費者は怒らないのかと思いますが、今日切り上げで2セント損するかもしれないですが、明日の支払いでは切り捨てで2セント得するかもしれないですよね。長い目で見れば損も得もしないという考えで導入されました。こんなところもカナダらしいですね。

ちなみに日本人にとっては25セントが少々厄介者ですよね。慣れるまでに時間がかかるかもしれません。例えば40セントなんて、25と10と5ですし、45なんて25と10と10です。ただ、多くの組み合わせパターンで日本円よりもカナダドルの方が「必要な硬貨の最小枚数が、日本円と同じ、もしくは少ない」という利点はあります。

カナダのお金について解説!Canadian Banknotes and Coins

ところで、カナダ人は「2 dollar coin」なんて言いません。全ての硬貨には愛称があり、そちらで呼ばれます。

2 dollar coin – toonie (careful, not TWOnie)
1 dollar coin – loonie
25 cent coin – quarter
10 cent coin – dime
5 cent coin – nickel
1 cent coin – penny

ちなみに隠れキャラ的存在の50セント硬貨もあります。これは流通用ではなく、記念硬貨的な感じの存在です。ニックネームは fifty-cent pieceです。

When you exchange your money before or upon arrival to Canada, you might say,

“Oh, what is this? Monopoly money?”

The notes are translucent! Yes, Canadian banknotes are made of polymer (like plastic). They are plastic but not hard; they are soft enough to be folded. Even the previous paper note series was colourful enough, but polymer notes can express a more vivid and colourful printing outcome. Some parts have a clear window which you can see through. 

This material is more durable than paper, and water does not irritate it; however, even a small rip will tear the notes. You may see some notes that are fixed with sticky tape, but you can exchange torn notes at any bank.

New polymer $100 bills are rumoured to be maple syrup scented, but the Bank of Canada officially denied it. People around me actually tried to smell the bills. 

Coins are unique too. 2 dollar coins are made of 2 different materials. I have been to the Royal Canadian Mint in Ottawa. They explained that these 2 materials will not come off.

Next we have; 1 dollar, 25 cent, 10 cent, and 5 cent coins…

What about 1 cent?

Canada actually does not have 1-cent coins in its currency circulation. We used to have them, but circulation was eliminated on 4 February 2019. The biggest reason is the cost to make them. A 1-cent coin was made with the cost of 1.6 cents.

So how do you pay? You just pay as it is when the number at the end is 0 or 5. It is easy. If not, the price is rounded to the nearest 0 or 5. For example, you pay only $9.95 for $9.97, but you need to pay $10.00 for 9.98. I remember both stores and consumers are bit confused about rounding and changes right after the elimination. This is applied only for cash transactions. You pay as it is upon credit/debit card or electric transactions.

You may think it upsets the consumers, but you may pay 2 cents extra today, and then you may pay 2 cents less tomorrow. You will not pay too much or too less in the long-term. This is the way Canadians think.

Canadians will never say, “2 dollar coin,” as each coin has its own nickname.

2 dollar coin – toonie (careful, not TWOnie)
1 dollar coin – loonie
25 cent coin – quarter
10 cent coin – dime
5 cent coin – nickel
1 cent coin – penny

50 cent coins are actually minted, but they are not in circulation but are memorial coins. It is called a fifty-cent piece.