私はもともと、日本で指圧師として働いていました。しかし、海外の生活に憧れていたと言う事、そしてカナダでは指圧の職人が求められているとのことで、自分の職を活かしながら海外経験が積みたいとの思いでワーキングホリデーにてカナダに来ました。

生徒さんインタビュー くにみさん

しかし、手に職があっても、意思疎通が図れないと思ったので、仕事が決まってから始めるまでの1ヶ月間は語学学校に通いました。1ヶ月だけだったので劇的に英語力が伸びたわけではありませんが、色々な国の友達と積極的にコミュニケーションを取ることで会話する事自体に慣れることが出来ました。

その後も仕事の休みの日や、厳しさはなくゆったり全員で楽しみながらという印象があります。1ヶ月のクラスが終了してからはフルタイムで仕事が始まったので休日にEnjoy Canadaで行われていた、英語のワークショップを受講、マンツーマンのクラスを受講したりなど、英語の勉強は継続してやりました。

生徒さんインタビュー くにみさん

あとは、ホームステイの環境が僕の英語上達の助けになってくれたのかなと思います。最初は身振り手振りで、コミュニケーションを取っていましたが、ホストファミリーが教えてくれたり、いろいろな場所へ連れ出してくれたので、そのお陰で、環境にも意外と簡単に対応できたのかなと思います。

今では、カナダの環境が気に入ってため、ワーホリから学生ビザに延長して最高のカナダライフを満喫しています。

生徒さんインタビュー くにみさん

カナダ留学で辛かったこと、そしてどう乗り越えたか。

辛かったことは、接客ですね。。

1ヶ月学校に通っていたとは言っても、現地の人は話す速度が速いです。同じ仕事内容でも、聞こえてくる、言葉は毎日違います。しかし、周りに聞いたり、分からなかったことは、メモに残してワークショップで教わったりなどして少しづつ語学力を習得していきました。今では、指圧のお店で、僕の指名で来てくれるお客様もいるので、今のやっていることにても誇りを感じています。

日本の皆さんにメッセージ

僕は昔からどうしても海外に行ってみたいと思っていました。しかし、来るためには仕事を辞めなければいけなかった上、英語の環境に飛び込む事に対して、戸惑いがありました。ですが、バンクーバーの人はみんな優しく、英語が全く分からない僕に対して、親切に接してくれ、僕も英語を身につけることが出来ました。バンクーバーは英語を身につける場所には最適の環境と言えます!

生徒さんインタビュー くにみさん